小型カメラ最新・秋葉原スパイカメラ-盗撮厳禁小型カメラ販売
小型カメラ最新・秋葉原スパイカメラ-盗撮厳禁小型カメラ販売 > 一般的にはマイナー? 盗撮禁止小型カメラ

一般的にはマイナー? 盗撮禁止小型カメラ


盗撮カメラ禁止小型カメラはマイナー
小型カメラというスパイグッズが、最近注目のセキュリティグッズとして話題になっているようです。
そうなのかと、小型カメラについてウィキペディアで調べてみました。
経済や芸能だけでなく、セキリュティ対策や、スパイアイテムなどでもウィキペディアで検索すれば、
検索結果に何でもあるのではないかと思っています。

何故なら今までにも、スパイカメラ、それに超小型カメラなど
のスパイグッズについてもウィキペディアだったし、
やっぱ小型カメラのことでもこのサイトで調べるほうが早いかな
などと思い期待してウィキペディアを開いてみたのですが
ない!?ほとんど情報がない!!結局普通のデジタルカメラと
同じ扱いみたいなものでした。誰も書く人がいないんだなぁ~と思いました
まあもっとも、スパイカメラや超小型カメラは種類が豊富ですから、
アイテム1つ1つを紹介するだけでもかなりのボリュームになります。

しかし、まだまだ露出の少ない小型カメラ、
やはりマニアックな世界になってしまうのでしょうか?
う~ん、それでも、もう少し小型カメラについては
情報量がほしいと思いますね。
実際問題、超小型カメラやスパイカメラなんかのような
小型カメラの仲間たちのページと見比べても、やはり情報量が少なすぎ。
小型カメラの事を詳しく知るには、
残念ながらウィキペディアだけでは少々不自由分なようです。

そこで、他にも小型カメラの口コミや効果等々が紹介されているページはないかと思い、
久々にネットサーフィンしてみました。
すると、結構出てきます、2ちゃんねるや、NAVER、そしてよく
内容がわからないサイト等など。
という事は、小型カメラがどうだとか、
ウィキペディアがどうだとかっていう問題ではなさそうですね。
それにしても、まだまだ盗撮グッズのような感じで、胡散臭い感じがありますが、
これから防犯意識が高まるに連れ、ストーカー対策などで話題になると思います。

考えてみれば、スパイグッズや探偵グッズは、小型カメラの何倍もの歴史があるので。
戦前、戦後、戦時中、冷戦時代に活躍してきたアイテムなので情報量も違います。
なんで小型カメラとウィキペディアで検索したのにも関わらず、
通販サイトばかりが出てくるのかが謎ですが、
ここまで多いと少し驚きますね。
やはり同業者としては気になるので、覗いては見ましたが、
皆同様の似たり寄ったりな内容が多かったですね。

こうして色々なサイトをネットサーフィンしながら、
ウィキペディアだけでは小型カメラについて満足な情報が得られませんでした。
これにめげずに、スパイグッズ・探偵アイテムの特集されている
専門ブログやマニアサイトを調べてみました。
そのせいで、大分小型カメラについて勉強になりました。
2017年にも大注目の防犯対策グッズになること間違いなしだと思います。

※盗撮目的の使用は法律で禁じられています!


同業者様各位、最近コチラの文章のコピー、リライト等が後を立ちません当サイトの文章には著作権が発生します。コピー、リライト(手直し)等発見次第、担当DSPに通報します。(定期的にコピーチェックツール影武者でチェックしています)